キャリアアップを目指して転職をする人へ

キャリアアップのために転職するのは正解か?
今の職場で雇用条件に納得できない人がキャリアアップで条件の向上に務めるため、資格などの取得をするのは良いことだ。
ただ、業績をどれだけ上げても、雇用条件にまったく反映されない。そんな職場で働いている人もいるだろう。
そんな職場で長く働くより、思い切って転職することを考えるべきだと思う。
最近、キャリアアップのために転職をするという人が増えているように思う。同じ仕事で、雇用条件の良い職場へ転職するのは何も悪いことではない。
しかし、転職する人の中には、転職=キャリアアップと思っている人もいるようで、前の職場よりも良い条件での雇用を企業に求める人が増えているようだ。
ここで間違ってほしくないのが、転職したからといって、自分のキャリアが良くなるわけではない。
キャリアアップは、自分の能力、才能に似合った報酬を受取るために行うことであり、転職したからといって、前の職場よりも良い条件で雇用されるとは限らないし、また、転職先では前の職場以上の業績を求められることがしばしばある。
ここではキャリアアップのため、転職を考える人が、もう一度、キャリアアップと転職について考える機会を作る場所だと思ってほしい。
20代、30代、40代の転職を考える。
転職では就職するために、どのようなハードルがあるのか考えたことがあると思う。前職を活かした技術力や取引先との人間関係の有無?学歴や勤続年数?
確かにこの条件は重要だが、転職でまず第一のハードルとなるのが、年齢だ。
20代、30代、40代と歳を重ねるごとに転職の機会は無くなっていく。20代と40代の転職出来た人の比率を調べてみると、20代とくらべて40代で転職出来た人は半分以下。
また、転職の求人情報を見ても、40代の求人情報は極端に少なくなっているという現状で、40代でキャリアアップを目指し転職を考えるのはかなり厳しくなっている。
一方で、20代の転職だと、元の職場で2年から3年ほどの業務経験がある人間に対して、かなり多くの求人を見つけることができる。
その理由として、若いということは、それだけ成長に期待ができるというのもあるが、2年から3年という短い期間だが、社会人として働いてきた実績があると、何か特別な事情が無い限り、転職では有利だと思います。
では、30代ではどうでしょう。30代の場合、ある程度の期間、前職で働いているということで、転職で求められる人材として、管理職となれる人材が求められケースが多いようです。
そのため、転職の面接時には、管理職としての能力、部下との接し方、転職先職業での今後の展望についてなど、かなり具体的な質問をされます。
転職してすぐに管理職として配属されれば、それだけ能力を認められたということで、モチベーションも高く仕事に打ち込むことができる。しかし、一方でかなり高いレベルで成果を求められるので、転職してすぐでまだ実績が無いときはプレッシャーを強く感じるようだ。
望む年収と転職の現実
キャリアアップ転職を望む人のほとんどが、現在の職場の年収よりも高い年収での就職を目指しているだろう。これは悪いことではない。むしろ上を目指すチャンスがあるのなら、そのチャンスを活かすことを考えるべきだ。
転職を希望する人が平均でどれぐらいの年収を希望するかというと、20代から30代前半で400万円から500万円。30代後半から40代で600万円から800万円ほどだそうだ。
そんな大したことが無いと思った人もいるかもしれないが、これはあくまで転職時の平均であって、その後のキャリアアップで増えたり減ったりもする。
しかも、転職者の中にはかなり高額な年収でヘッドハンティングされる人材もいたりするので、こうした人が平均を少なからず押し上げているのだろう。
では、実際にどれだけの人が希望する年収で転職することができるのか、これから転職を考えている人は気になるだろう。
これはおよそだが、転職した人間の7割以上が、希望とする年収をもらえないだろう。なぜそのように言い切れるのかといえば、求人に関してかなり景気が影響され、また、希望とする職種への転職ができるとは限らないということも原因のひとつだ。
そして、無視することができないのが、転職しても高い評価を得て、希望以上の収入を得ることができる人材というのはもっと数が少ないということ。
こうした、希望以上の年収をもらうことができる人材というのは、これまでの仕事の業績、または技術力といった面で優れているからと思われるかもしれないが、まったく違う要素で他業種へ転職して成功した人材もいる。
そのことから、転職では、転職に必要な準備というものがあり、それを上手くやった人が、転職で成功することができるということだ。
新着コンテンツ
就職活動で気持ちを切り替えるコツ
就職活動を長らく行っていると、気持ちのハリがなくなってくる時があります。「就活することが仕事になってしまっている」状態です。

続きを読む...

Copyright (C) 転職でキャリアアップ All Rights Reserved.